更新履歴

2020.9.22 ホームの「現在、保護中の猫たち」に写真と詳細を掲載しました!随時更新しますので、ぜひご覧ください!

2020.9.15 「第2回フォトコンテスト受賞作品の発表⑤」「第4回写真展、無事終了しました」をインフォメーションに掲載しました。

2020.9.2 「第2回フォトコンテスト応募作品の数々」をインフォメーションに掲載しました.

2020.8.18 伊丹市ホームページ内の「野良猫衛生対策事業補助金制度について」の更新をお知らせします。

いつもご支援ありがとうございます!

私たちが目指すこと

毎年、数多くの飼い主のいない猫たち、特に子猫が殺処分されています。

この現状を改善していくには、不幸な猫たちをふやさないことです。

T.N.R(捕獲・不妊去勢手術・元に戻す)を実施することで、

猫が増えることも殺処分することなく、それぞれの寿命を全うさせることができます。

少しずつ猫が減少することで、ふん尿、発情期の鳴き声等の猫問題が解消されていきます。

同時に、エサの管理、トイレを設置することで、現状問題解消の一助となります。

目指すところは、人が安らげ、猫たちも生きていきやすい環境作りです。


猫たちの不妊去勢手術をしておきませんか?

不幸な子猫を増やさないためにも今、猫たちの不妊・去勢手術をしておきませんか?

市の助成金が使えます。(野良猫、地域猫のみ)

助成金申請には、講習会受講が必要です。

 

講習会受講に関しましては、生活環境課

までお問い合わせ下さい。

電話番号:072-781-5371

くわしくはこちらから

 

私たちはT.N.Rをお手伝いします。

(捕獲器の貸し出し、捕獲・リリースのお手伝い、手術の段取り等)

手術をすることで、鳴き声、オス猫のマーキング、尿の臭いが緩和されます。


T.N.Rについて詳しくはこちら

T.N.Rのお手伝いのお問い合わせはこちら

(※伊丹市外からのお問い合わせの方へ:申し訳ありませんが、伊丹市外の活動は行っておりません。お住まいの市の生活環境課の方へお問い合わせください。)


T.N.R活動中の民家の庭や公園で子猫が産まれている現実があります。

シェルターを持たない私たちは、預かりボランティアとして皆さまのお力をお借りしたいと考えております。過酷な環境の中で産まれてくる不幸な子たちを1匹でも幸せにしたいと里親を探す努力をしてまいります。

皆さまのご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

 

※みゅうみゅうでは猫の引き取りはしていません※

 

現在、保護中の猫たち

画像クリックで拡大してご覧いただけます。(更新日:2020.12.19)

ナッツちゃん

キジ

メス・1才

 

 

リリくん

白キジ

オス・3ヵ月

こうくん

(多頭飼育放棄)

キジ長毛

オス・12才

 

ミケちゃん

三毛

メス・1才

ふくくん

(多頭飼育放棄)

キジ長毛

オス・12才

 

ミューちゃ

アメショ

メス・6才

なるくん

(多頭飼育放棄)

キジ長毛

オス・2才

 

ノアちゃ

三毛

メス・2才

 


 

ペットのおうち」「ネコジルシ」里親募集ページで詳細をご覧いただけます。

 

終生、家族としてかわいがっていただける里親さまを募集しています。

ご希望のかたは、「ペットのおうち」「ネコジルシ」をご覧下さい。

(まだ掲載されていない保護猫については、みゅうみゅうへご連絡下さい。)

よろしくお願いします。

※みゅうみゅうでは猫の引き取りはしていません※


預かりボランティアさん募集中です!

ミルクボランティア

授乳期(~生後4週齢)の子猫のお世話をして頂くボランティアです。定時の授乳、排せつ補助、温度管理、掃除、健康チェック等、子猫が健やかに育つように数時間おきのお世話が必要になります。


子猫預かりボランティア

離乳期(生後6週齢~8週齢)から生後12週齢までの子猫のお世話をして頂くボランティアです。ミルクから子猫フードへの移行、共に遊ぶ、健康チェックなど成長過程の子猫が健やかに育つようお世話して頂きます。


捕獲器運搬回収ボランティア

主に捕獲時に使用する捕獲器の運搬や回収に車を出して、お手伝いして下さる方がいらっしゃると助かります。


メッセージ欄にミルクボランティア捕獲器運搬回収ボランティア希望等ご入力下さい。ご応募はこちらから!

 

賛助、協力会員、または正会員も随時募集しています!お申込みはこちらから!

 


猫、犬は法律で愛護動物に定められています

 

愛護動物を殺し、傷つける犯罪

懲役年以下  罰金500万円以下

 

捨て猫(野良猫をよそに捨てても犯罪)

飼い主が弱らせるなどの虐待犯罪

懲役年以下  罰金万円以下

 

終生飼養、繁殖制限、適正飼養も法律の定めです